ニュートン
年代でみた恐竜
年表

三畳紀(さんじょうき) ジュラ紀(き) 白亜紀(はくあき)
イメ−ジ
この時代(じだい)の後半(こうはん)に恐竜(きょうりゅう)たちが発展(はってん)しはじめたんだ。
昔(むかし)ドイツでこの時代(じだい)の地層(ちそう)が調(しら)べられて、そのとき地層(ちそう)が3種類(しゅるい)あると考(かんが)えられた。
それで三畳紀(さんじょうき)という名前(なまえ)がついたんだ。
イメージ
この時代(じだい)に恐竜(きょうりゅう)たちはもっとも栄(さか)えていたよ。
海(うみ)の中(なか)をおよぐ海竜(かいりゅう)や、空(そら)の上(うえ)をとぶ翼竜(よくりゅう)などもたくさんいたんだ。
この時代(じだい)の地層(ちそう)はフランスのジュラ山脈(さんみゃく)でよくみられたんだ。それにちなんでジュラ紀(き)とよばれているんだよ。
イメージ
ジュラ紀(き)にひきつづいて白亜紀(はくあき)でも恐竜(きょうりゅう)たちは栄(さか)えていたよ。だけど白亜紀(はくあき)のおわる6500万年(まんねん)前(まえ)、急(きゅう)にほとんどの恐竜(きょうりゅう)は絶滅(ぜつめつ)してしまったんだ。
この時代(じだい)の地層(ちそう)の多(おお)くは石灰岩(せっかいがん)の一種(いっしゅ)であるチョーク(白亜(はくあ))からできているんだ。だから白亜紀(はくあき)という名前(なまえ)がついたんだよ。



 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
 (C) 2002-2016 Newton Press All Rights Reserved.