ニュートン
恐竜オン・ステージ


第26回「パラサウロロフス」
こいつはカモノハシ竜のなかまで,頭の部分にトサカをもった草食恐竜だよ。このトサカは,声を響かせるためについていたと考えられているんだ。楽器のような美しい音だったともいわれているよ。
パラサウロロフス
→さらにくわしくみる

第25回「オビラプトル」
この恐竜は,まるでほかの恐竜の卵をおそっているような格好でみつかったので”卵泥棒”とよばれているんだ。でも本当は,自分の卵を守っていたんだって。ちょっとかわいそうだね。
オビラプトル
→さらにくわしくみる

第24回「エオラプトル」
この恐竜は,肉食恐竜の中でも最も古いものの一つなんだ。歯には,獣脚類と古竜脚類という二つの種類の特徴をあわせもっているんだって。この2種類が分かれる前の恐竜だったのかもね。
エオラプトル
→さらにくわしくみる

第23回「モノニクス」
こいつは肉食恐竜であるとともに原始的な鳥だと考えられているんだ。手には翼もあるんだけど飛ぶことはできなかったんだって。翼の先に一本だけ生えたつめで獲物をとっていたのかもね。
モノニクス
→さらにくわしくみる

第22回「ランベオサウルス」
まるで,ニワトリのトサカのような頭をしているね。この部分は,中が空になっていて,声をだすとこの中で共鳴するしくみになっていたんだって。どんな声で鳴いていたのかな?
ランベオサウルス
→さらにくわしくみる

第21回「パキケファロサウルス」
この恐竜の頭は,ボールを半分に割ったような形をしているね。この部分の骨はとっても厚くて堅いんだ。仲間とけんかをするときは,頭をつつきあっていたのかもしれないね。
パキケファロサウルス
→さらにくわしくみる

第20回「アンキロサウルス」
この恐竜の仲間は別名ヨロイ竜とよばれているんだ。みるからにがんじょうそうな体だよね?しっぽには身を守るためのハンマーまでもっていたんだって。強い草食恐竜だったのかもしれないね。
アンキロサウルス
→さらにくわしくみる

第19回「コンプソグナトゥス」
こいつはものすごく小さな肉食恐竜なんだ。体はニワトリより少し大きくて,トカゲなどの小動物を獲物にしていたと考えられているよ。とってもかわいらしい恐竜だよね。
コンプソグナトゥス
→さらにくわしくみる

第18回「ケラトサウルス」
この恐竜はとっても古い時代の肉食恐竜で,前あしには指が4本もあったんだ。鼻の上にあるこぶのようなかわいい角をみると,なんだか肉食恐竜ってことをわすれてしまいそうだ。
ケラトサウルス
→さらにくわしくみる

第17回「アマルガサウルス」
この草食恐竜は,なんだか面白いかたちをしているね。頭のうしろから背中にかけて生えているたくさんのトゲは,体温調節の役割をはたしていたと考えられているんだ。
アマルガサウルス
→さらにくわしくみる

←前の10件 次の10件→

 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
 (C) 2002-2016 Newton Press All Rights Reserved.