細胞にとって欠くことのできない酵素はタンパク質からできている。


もどる

つぎへ

もくじへ


トップへ





  とくにタンパク質は,動物細胞のほとんどの部分を構成しています。

また多くのタンパク質は独特の機能をもっていて,細胞内で起きる化学反応の速度を速めたりします。このはたらきは「触媒作用」とよばれいています。
このようなはたらきをするタンパク質を「酵素」とよび,酵素がはたらきかける分子を「基質」といいます。酵素がなかったら細胞は生きられないでしょう。細胞の活動はとても速く進む生化学反応に依存しているのですが,この反応が速いのは酵素が触媒作用を行うおかげなのです。