No.231

料理・グルメ

レストランスタッフ

ホテルのパーティなどで「食」を演出する

レストランスタッフの仕事

   
 あなたが家族といっしょに食事に行くのは、ファミリーレストランでしょうか。ファミリーレストランもふくめて、レストランで働く人がレストランスタッフです。お客様に料理を提供するウェイターやウェイトレスです。レストランスタッフは、単にお客様に料理を運ぶだけではなく、常に、お客様の食事の進みぐあいに気を配り、水を注いだり、食器を下げるタイミングを見はからったりします。お客様が複数の料理を注文した時など、いつ、次の料理を持っていけばいいのか。お酒を飲んでいるお客様に、いつ食事を運べばいいのか。常に、このようなことを、担当エリアのすべてのお客様に対して行うことが必要なのです。お客様に食事を楽しんでもらうことを目的に、そのために必要なサービスを行うのがレストランスタッフの仕事です。レストランスタッフには、お客様への直接のサービスとともに、そのサービスを支える知識が必要です。料理や飲み物の知識、衛生やマナーに関する知識です。レストランスタッフになるには、特別の資格は必要ありませんが、レストランサービス技能の資格を持って働く人がたくさんいます。

レストランスタッフにインタビュー

 「接客が好きです。お客様に料理を運び、おいしそうに食べてもらい、幸せな時間をすごしているのを見るのが好きです」。レストランで働くようになって10年の、わたしの正直な感想です。このような気持ちになったのは、ほんの2年程前からです。毎日、その日を何となくすごしていたわたしですが、ある日、お客様相手に大失敗をしてしまったのです。牛乳アレルギーなのでポタージュスープには豆乳を、とのお客様の注文を料理場に伝え忘れ、飲んだお客様の体調が悪化してしまったのです。自覚なしに仕事をしていたわたしの責任でした。この時、マネージャーに言われたことが忘れられません。「自分のやっていることを好きになれない人生はつまらないよ」。わたしは考えました。自分の仕事で自分にやれることは何か。ずっと考え続けました。そして、現在のような考えにたどり着いたのです。今は充実(じゅうじつ)した毎日です。