No.188

スポーツ

プロスポーツ選手

スポーツを通して夢や感動を与える

プロスポーツ選手の仕事

   
 プロスポーツ選手とは、競技や試合をして生活しているスポーツプレーヤーをいいます。さまざまな競技のプロスポーツ選手がいますが、どの競技でも、プロとして常に最高のプレーをするために、生活すべてにおいて厳しい自己管理が要求されます。お金を出して見にくる観客に満足感をあたえるプレーのために、自分の肉体と精神を限界ギリギリまでトレーニングして、競技技術の向上に努力しているのです。 
 プロサッカー選手を例に取りますが、サッカーのようなチームプレーでは、選手はそのポジションにあたえられた仕事をきっちり果たさなければなりません。例えばフォワードなら、他のプレーヤーが必死になって作ったチャンスを確実に生かして、ゴールを決めなければならないのです。必要なことを必要とされる時に確実に行うことが、プロスポーツ選手の仕事なのです。そしてプロスポーツ選手は、常に勝つことを要求されるなかで、自分らしさを失わず、より強い選手に成長していかなければならないという宿命を持っているのです。

プロスポーツ選手にインタビュー

 小学生の時からサッカー一筋です。サッカークラブの練習が終わっても、一人で家の前でボールをけっているような、サッカー以外は何もしない子どもでした。
 現在はサッカーJリーグ所属チームに入って2年目ですが、ユース時代の試合を見たスカウトから声がかかったのです。まだひかえですが、早く試合に出て思いっ切り暴れたいです。試合がない日は、午前9時半から2時間の合同練習です。午後は自主練習で、わたしは毎日自分のメニューで練習しています。スポンサー主催(しゅさい)の子どもサッカー教室やファン感謝祭などに参加することもあります。ただプロというのは、練習時間が長ければいいというわけではなく、トレーニング、休養、栄養の3本柱の管理が大事なので、コーチと相談しつつ自己管理しています。プロサッカー選手になりたい人は、練習でも試合でも全力で取り組んでください。サッカーのスカウトマンは全国に出向いて常にいい選手を探していますから、必ずチャンスがありますよ。