No.185

スポーツ

スポーツインストラクター

スポーツの正しい方法を指導

スポーツインストラクターの仕事

   
 スポーツインストラクターとは簡単に言えば、スポーツを教える先生です。スポーツの種類はたくさんあって、それぞれに専門のスポーツインストラクターがいます。仕事の場は民間のスポーツクラブや地域のクラブ、高齢者施設(こうれいしゃしせつ)などで、スポーツをやる人が上達するように、その種目のきれいな正しいフォームを教えたり、その人に合ったトレーニング方法を考えたりします。でも一番大事なことは、スポーツをやる人が楽しんで長くやれるようにアドバイスしたり、見守ったりすることです。スポーツインストラクターが指導する人は、年齢、キャリア、体力、性別などさまざまな人たちです。その人たちの多くに満足してもらうためには、細かな観察力と適切な対応が必要となります。また、健康に気を使う人が増え、病気にならないための医学や運動生理学の知識が必要とされるようになりました。スポ?ツインストラクターとしての決まった資格はなく、多くのスポーツクラブは独自の養成制度を設けていますが、スポーツプログラマーやトレーニング指導士といった資格を持つスポーツインストラクターも多くなりました。

スポーツインストラクターにインタビュー

 会員制のスポーツクラブでスポーツインストラクターをしています。この仕事を始めて2年です。会員に水泳やジムでの筋力トレーニングを指導しています。 
 水泳では子ども会員から高齢者クラスまでの指導なので、気持ちの切りかえが大事です。以前うっかり、お年寄りのクラスで子ども用の練習メニューを使ってしまい、「今日のメニュー、変よ」と言われてしまいました。そんなこともありますが、仕事が休みの日でも、この人は足を集中的にトレーニングしようとか、この人は当面、今のメニューでいいなどと、頭の中はいつも仕事のことでいっぱいなのですよ。
 スポーツインストラクターとして、自分のトレーニングも欠かせません。わたしは、子どもの時から水泳をしているので、自分でメニューを作って水泳のトレーニングをします。その他にジムのマシンで筋肉をつけ、柔軟性(じゅうなんせい)を保つヨガなどもしっかり行います。今後は、体のメカニズムの研究や医学的な知識を身につけたいと思っています。