No.143

動物

動物看護師・トリマー

ペットの健康管理や美容をサポート

動物看護師・トリマーの仕事

   
 動物看護師は、動物病院で動物の看護をする仕事です。獣医師(じゅういし)の指示に従って、診察(しんさつ)や治療(ちりょう)を手伝ったり、入院している動物の健康管理、病気の検査などをします。ブリーダー会社、ペットショップ、ペットホテルなどでも動物看護師が活躍(かつやく)しています。資格を取らなくても動物を看護する仕事はできますが、専門学校などで動物について学び、動物看護師、または動物看護士の資格を取っておくと就職には有利といえます。 
 トリマーは、ペットのシャンプー、毛やつめのカット、耳のそうじなどをする仕事で、犬やねこの美容師ということができます。トリマーとして働くには、トリマーの専門学校などで学び、ペットショップやペットの美容院に就職します。経験を積んで独立開業する人も多く、飼い主の自宅でサービスをする出張トリマーもいます。トリマーの資格試験は、いろいろな団体が行なっていますが、資格がなくてもトリマーの仕事はできます。

動物看護師にインタビュー

 動物が好きで、この仕事を選びました。わたしが働いている病院は、看護師がわたしをいれて二人だけなので、交代でいろいろな仕事をしています。日中は、外来の受け付けや電話の対応、院長の横で診察の補助などをします。それ以外の時間は、入院している動物たちの世話をしていることが多いです。経験はまだ浅いんですが、専門学校で学んだことがとても役に立っています。初めて手術の助手をした時は、ものすごく緊張(きんちょう)しました。
 生き物が相手なので、いろいろと苦労することは多いですが、けがや病気で弱っていた動物が元気を取りもどして飼い主のところへ帰っていくところを見ると、この仕事をしていてよかったと思います。