No.105

情報・通信

カスタマーエンジニア

機器の故障修理やサポートを行う

カスタマーエンジニアの仕事

   
 カスタマーとはお客様のこと。お客様が購入(こうにゅう)してくれたパソコンやOA機器、業務用機械などの保守点検と修理をする技術者が、カスタマーエンジニアです。購入してもらった機械を初めて設置する作業をまかされることもあります。
 会社がパソコンや業務用機械を購入するときに、機械にトラブルの起きる心配はないか、定期的にお客様をおとずれて点検します。お客様から故障の連絡が来たときは、急いでかけつけて修理します。 
 ふつうは、自分が所属する会社の自動車でお客様を訪問するケースが多いですが、24時間休み無く動かし続ける機械などの場合は、購入先の会社がカスタマーエンジニアを招き、常に待機できる場所を作ってくれることもあります。
 機械の好きな人に向く仕事です。工業系の学校で機械や電気、コンピュータについて学んでおくと役に立つでしょう。

カスタマーエンジニアにインタビュー

 法人向けのパソコン販売会社で保守点検の仕事をしています。機械が好きなので、この仕事はとても気に入ってます。 
 利用者には、有料で24時間サポートの契約(けいやく)を結んでいるかたが多いんです。だから電話がかかってくると、深夜や早朝でも出かけていきますよ。カスタマーエンジニアは3人いるので、交代で休みが取れるように調整してもらってます。それでも勤務時間は、ふつうの会社に比べると少し変則的ですね。 
 パソコンの機能はどんどん進歩していきますから、常に最新の技術を勉強しておかなければなりませんね。ソフトウエアが不調の原因であることも多いので、ウィンドウズやソフトについての知識を持っているとかなり役に立ちますよ。