No.096

広告・宣伝

DTPデザイナー

印刷物をデザインするスペシャリスト

DTPデザイナーの仕事

   
 パソコンソフトを使って印刷物の編集をすることをDTP(ディーティーピー)といいます。DTPデザイナーは、編集作業の中でもデザインを専門に担当する技術者です。 
 書店で売られている本や雑誌をはじめ、チラシ、パンフレット、カタログなど、さまざまな印刷物の多くは、DTPで制作されています。したがって、DTPデザイナーが活躍(かつやく)する場は非常に多いといえます。 
 DTPデザイナーになるには、専門学校などで印刷物の編集やデザインについての基礎(きそ)知識、そしてDTPソフトの使い方などを学びましょう。CGや写真の勉強も役立ちます。 
 就職先には、DTPシステムを利用している出版社、印刷会社、広告会社、印刷物の制作プロダクションや編集プロダクションなどがあります。就職後に実務経験を積んでから独立し、フリーのDTPデザイナーとして働く人もいます。

DTPデザイナーにインタビュー

 フリーのDTPデザイナーをしています。雑誌の編集をしているプロダクションから、特集ページのデザインなどを受注することが多いです。ページの中にタイトルの文字や本文の文字をどのように配置するか、文字の大きさや色をどうするか、イラストや写真はどれくらいの大きさにするかといったことを決めて、DTPソフトでイメージを作っていきます。編集プロダクションからは、ページのふんい気をどのようにするかの指示や、この写真とイラストは必ず入れてほしいといった条件がつけられることもあります。できるかぎり、きれいで見やすくて、しかもデザイナーの個性が感じられるデザインをするように心がけています。仕事をはなれて雑誌を読むときも、誌面のデザインはとても気になりますね。