No.062

広告・宣伝

グラフィックデザイナー

印刷物からデジタルメディアまで幅広くデザインする

グラフィックデザイナーの仕事

   
 本や雑誌、新聞、ポスター、パンフレット、カタログ、CDのジャケットなど、印刷物をデザインするデザイナーが、グラフィックデザイナーです。デザインは、パソコンでするのがふつうです。印刷物だけでなく、デジタル系のホームページなどをデザインする仕事も増えています。 
 デザインに関する知識や技術はもちろん、基本的には、仕上がりは印刷物になるので、印刷についての深い理解が必要です。また、イラストレーターやフォトグラファー(写真家)、タイポグラファー(文字のデザイナー)と共同で仕事をすることも多く、ふつう、グラフィックデザイナーが、その共同制作者たちをまとめるアートディレクターの役割をすることになるので、リーダーシップも求められます。 
 グラフィックデザイナーになるには、デザイン系の大学や専門学校でデザインの知識や技術の基礎(きそ)を身につけ、印刷工程の基本を学んでから、デザイン会社や広告代理店、出版社などに行くのが一般的(いっぱんてき)です。

グラフィックデザイナーにインタビュー

 広告代理店にいて、主に、食品会社のポスターを担当しています。まず、食品会社の人から、どんなポスターにするか、イメージの希望をききます。写真を使うときは、撮影(さつえい)に立ち合うこともあります。イラストの場合、イラストレーターにたのみますが、予算の都合上、簡単なものならば、自分でかくこともあります。
 デザインはパソコンを使ってやりますが、画面での色、プリントアウトしたときの色と、できあがってくる印刷物の色は、少しちがってくるので、注意しなければいけません。印刷になるとこうなるとわかっていても、印刷の色校正の段階で、広告主の方と話して大きく直すことがあります。どうしても望んだ色にこだわるときは、印刷にふだんは使わないインクを追加することもあります。