No.061

インターネット・ゲーム

webデザイナー

インターネットのページをデザインする仕事

webデザイナーの仕事

   
 web(ウェブ)というのは、インターネットで利用できる情報サービスのことです。webデザイナーは、そのwebの画面(ページ)をデザインするのが仕事です。webページをデザインするには、HTMLという作成のルールにそってつくります。ですから、webデザイナーには、HTMLを使いこなせる技術が必要です。また、見た目のデザインも大切ですが、クリックやリンクといったコンピュータの機能をふまえて、それらの「ボタン」を見やすく使いやすく配置することも重要です。 
 webデザイナーの主な仕事は、クライアントである企業や団体からたのまれて、ページをデザインすることです。たのまれたとおりにデザイン・制作できるのはもちろんのこと、デザイナーとして、ホームページの作成に不慣れなクライアントに、適切な提案ができる能力が必要です。そのためにも、インターネットやデザインの学校で、必要な技術を身につけておくべきです。 
 インターネット関連は、これから大いに発展していく分野です。いろいろな方面で、大いに活躍(かつやく)が期待されます。

webデザイナーにインタビュー

 鳥が好きで、写真をとりためていました。みんなにも写真を見てもらいたいと思って、見よう見まねで、ホームページを立ち上げてみました。これがけっこう評判よくて、知り合いからもホームページの作成をたのまれるようになりました。でも、つくるといろいろな注文が出て、人のものをつくるには、技術がとても足らないなと痛感しました。そこで学校に行って、画像の処理やアニメの効果的な使い方など、基礎から改めて学びました。今では、webデザイナーのプロとして、活動しています。 
 ホームページをたのまれると、まず、たのまれた形にそったものをひとつつくります。それに加えてこうしたらどうでしょうと、こちらから提案したものも見せます。まだ、細かいことに慣れていないかたが多いので、「それは、いいねぇ」と喜ばれています。