No.045

テレビ・映画 / 芸能

タレント

多くの人を笑わせ、喜ばせる仕事

タレントの仕事

   
 タレントの仕事は、その「才能」で、どんな時、どんな場面でも、人を楽しませることです。バラエティーやクイズ、トークだけでなく、ドラマや歌番組など、どの番組に出ても、その中で見ている人を楽しくさせてしまう仕事なのです。演技をすることが仕事である俳優や、歌を歌うことが仕事である歌手とは、そこがちがいます。 
 タレントになるには、スカウトされることもありますが、オーディションを受け、プロダクションに所属して、その才能と個性をみがき、基礎(きそ)をつくってから、デビューするのがふつうです。歌やダンス、あるいは、人がまねできないような特技を持っていると、活躍(かつやく)できる場も広がります。 
 コントや漫才(まんざい)、落語をするタレントを一口に「お笑いタレント」と呼んでいますが、昔は師匠(ししょう)のところに弟子入(でしい)りして、芸を修行していました。今、お笑い系のプロダクションの中には、学校をつくって、若いお笑いタレントを育てているところもあります。

タレントにインタビュー

 2人で、コントをやっています。わたしは、子どもの時から、みんなの前でおもしろいことばかり言って、人を笑わせてきました。高校の時、友達とお笑い番組のコンテストに出て、今のプロダクションにスカウトされました。でも、すぐデビューできたわけではなく、プロダクションがやっている学校でしばらく勉強しました。今の相方は、ここで見つけました。 
 お笑いのネタ探しは、いつもしています。テレビのニュースをよく見ますし、新聞も毎日、目を通すようにしています。町に出ても、ネタ探しは欠かせません。電車の中は、特におもしろいです。人の観察は、大切です。 
 これからは、ドラマにも出たいです。お笑いもたっぷりあって、刑事が出てきてちょっとかっこいい、ハラハラドキドキのドラマです。もちろん、わたしが主役です。