No.044

テレビ・映画 / 芸能

声優

声で演技する表現者

声優の仕事

   
 声優は、声だけで演じる俳優です。外国の映画やドキュメンタリーの吹きかえやアニメ、ゲームの声の出演が、主な仕事です。また、ナレーションやコマーシャル、ラジオドラマにも出演します。声優は声が勝負ですから、どうすれば魅力(みりょく)ある声を出せるか、日ごろから研究しておくことが大事です。また、歌が上手であれば、出演しているアニメの主題歌を歌えるチャンスもあります。 
 声優になるには、声優の専門学校や俳優養成所などに行って、発声、発音、演技、ナレーション、歌唱、朗読などの基礎(きそ)と実践(じっせん)を学びます。発声・発音は、特に大事です。きちんと訓練を受けた声優の声は、マイクで拾いやすく、訓練を受けていないタレントにはまねができません。近年は、ゲームやアニメの人気で、活躍(かつやく)できる機会も多くなっています。着実に声優の技術を高めていくことが、成功につながります。

声優にインタビュー

 俳優になりたかったのですが、人前に出ることが苦手で、声優を目ざしました。有名な声優さんが校長をしている声優学校に入り、みっちりきたえられました。学校の紹介(しょうかい)で声優のプロダクションに入り、アニメの新番組のオーディションを受けて、今は、そこのレギュラーで出演しています。 
 声優の仕事は、映画やテレビドラマとちがって、演技を自分で組み立てられないところが難しいし、そこがやりがいのあるところです。台本を読んだだけでは、画面を見ないと、どんな状況なのかわからないこともあります。アニメはまだそうでもないのですが、映画の場合、イメージできないことが時々あります。なんでこの場面で、この俳優さんは、笑いながらせりふを言っているのだろう?わたしだったら、もっとまじめな顔をして言うよなぁとか。でも、人の演技を見ていろいろ考えることも、勉強のうちですね。