No.5
         
東京メトロ
とりくみ分野:
環境・エコ 安心・安全 人と人をつなぐ
東京を走らせる力
東京メトロ1
「メトロ」はフランス語で「地下鉄」の意味。東京メトロは日本の首都東京の地下に9つの路線を走らせ、1日に633万人(2010年度)というたくさんの人を運んでいる鉄道会社です。その移動距離はなんと地球約20周分に相当するんですよ。
「東京を走らせる力」として東京で生活する人々や、仕事や観光で東京に集う人々の“足”として暮らしや社会を支えているんですね。
駅員のお仕事
みなさんの中には将来の夢は駅員になること!なんていう人もいるかもしれませんね。普段駅でよく見かける駅員のお仕事気になりませんか?では、東京メトロ銀座線の浅草駅で駅員として日々奮闘している野林めぐみさんのお仕事をご紹介しましょう。
国内外からの観光客が利用する浅草駅では、改札に立ってお客様をご案内するお仕事がメイン。地下鉄に不慣れなお客様へ電車の乗り換えルートや運賃などをご案内するだけでなく、駅周辺の道案内や観光スポットについて質問されることも多いんだって。野林さんは駅周辺の建物や道、観光情報について正しくご案内できるように、仕事が終わった後でも散策しながら地図にはのっていない情報を集めているのだそう。
その他にも、駅や電車の中で見つかったお忘れ物を大切に管理したり、「ホーム整理」といって、通勤するお客様や観光客で込み合う駅のホームの安全を守り、時間通りに電車を発車させたりしています。

はたらく大人にズームイン!

これからもお客様とのふれあいを大切にしていきたい

浅草駅に新入社員として配属されたのは、ちょうどゴールデンウィークの観光シーズンでした。もともと鉄道について詳しいわけではなく、PASMOの取り扱いや運賃精算、電車の乗り換えルートなど覚えることがたくさんあって最初は本当に大変でした。バスのことを尋ねられて、どうしても答えられず、力不足だなぁとくやしい思いもしました。しかし、何を聞かれても、出来るだけ的確に親切にご案内したい気持ちがあり、それが出来るように日々勉強しています。
そんなある日、観光名所までの行き方を尋ねられたのでご案内していたのですが、しばらくしてそのお客様が戻ってこられて「さっきの案内がとっても分かりやすかった。ありがとう。」と言ってくれたのです!お客様が笑顔で掛けて下さるその一言が、私にとって何より嬉しい言葉です。その何気ない一言に「お客様の楽しい観光のお手伝いが出来て良かった!」と思えるからです。
東京メトロでは運転士や車掌など新たな仕事にチャレンジできる制度もありますが、私はお客様とふれあうことが好きなのでこの先もずっと駅員のプロを目指して行きます。たしかに駅員は大変な仕事ですが、自分が丁寧にお客様と接することで、「東京メトロに乗ってよかった」「この駅員さんに聞いてみて良かった」と思っていただけるような駅員になることが私の夢です。

駅務係  野林めぐみ

まなびの広場 - 学びに役立つページをご紹介    (外部サイト)
東京メトロこども大学

東京メトロこども大学
大学ををモチーフにしたウェブサイトです。キャンパスでユーモアあふれる先生達が、 楽しく東京メトロのことや環境のことなどを楽しく紹介しています。

見学した会社    (外部サイト)

東京メトロ
東京メトロのWebサイト。路線図や運賃、乗車券、定期券、お店、など駅の情報や安心への取り組みを紹介しています。

→ ホームページ

東京メトロ