手づくりあそび

  • いつでもどこでも
  • いっしょに歌ってあそぼう
  • 手づくりあそびにチャレンジ
  • 身近なものを使って
  • 自然のなかで元気いっぱい
虫とりの遊び方
虫とり網の使い方
図1

《使い方1》飛んでいる虫をつかまえるとき

飛んでいる昆虫のうしろから網を近づけます。昆虫が網に入ったら、すぐに網をひとひねりして折りたたみます。
【こんな虫をつかまえるときに最適!】
トンボ、チョウなど
図2
《使い方2》木にとまっている虫をつかまえるとき

木の幹と垂直になるように虫とり網のわくをあてて、下からすくい上げるように昆虫を網の中に入れます。昆虫が網に入ったら、すぐに網を折りたたみ、逃げ道をふさぎます。
【こんな虫をつかまえるときに最適!】
セミ、カブトムシ、クワガタなど
いろいろな虫とり法
図1

《方法1》ビーティング

葉が密集している枝などを棒で思いっきり叩きます。叩いた振動で落ちてきた虫を、下に置いたネットや大きめの網で受け止めます。 目で見ただけでは見つけられないような小さな虫も採集することができます。

もしネットや大きめの網がなければ、雨の日に使っているかさでも代用できるワン。かさをひらいて、逆さにすれば、落ちてきた虫たちを受け止めることができるワン。

図2

《方法2》スウィーピング

木の枝先や草むらの表面を軽く掃くように移動させて、草や枝にとまっている昆虫を採集する方法です。 木の高い部分の枝をスウィーピングするときには、虫とり網に長いさおなどを取り付けるといいです。
図3
《方法3》トラップ

あらかじめワナ(トラップ)をしかけておき、昆虫の習性を利用して、おびきよせる方法です。 代表的なトラップとして
・木に甘い蜜をぬりつけておく
・ビンの中にえさを入れて、土の中に埋めておく
・白いシーツやシャツなどを森の中にぶらさげて、明るいライトで照らす
などの方法があります。

ボノロンといっしょ。プロジェクト

(C)NSP 2005, (C)ボノロンといっしょ。2007

COAMIX North Stars Pictures