手づくりあそび

  • いつでもどこでも
  • いっしょに歌ってあそぼう
  • 手づくりあそびにチャレンジ
  • 身近なものを使って
  • 自然のなかで元気いっぱい
手づくり太鼓
手づくり太鼓の作り方
図1
・缶詰の空き缶
・バケツ
・いろいろな色のビニールテープ
・ガムテープ
・わりばし
・紙ねんど
・色紙
・油性ペン

図1
★STEP1:小さな太鼓をつくろう!

はじめに缶詰の空き缶を使って、小さな太鼓をつくります。
缶の空いている口に、十字をつくるようにビニールテープをはっていきます。
このとき、すき間が開かないように少しずつ十字の位置をずらしてはること、またビニールテープがたるまないようにピンと張ることがポイントです。
1回1回ビニールテープの色をかえると、たたく部分がカラフルになるのでおすすめです。

【注意!】 缶の空いた口のはしで手を切らないように注意しましょう。あらかじめビニールテープなどをはっておけば、ケガ予防になります。

図2
★STEP2:小さな太鼓の飾りつけをしよう!

小さな太鼓のまわりを飾りつけします。
空き缶のまわりをぐるりとおおう大きさに切った長方形の色紙に、油性ペンで絵や文字を描きましょう。

絵や文字が描けたら、空き缶のまわりにはりつけます。

図3
★STEP3:大きな太鼓をつくろう!

次に、バケツを使って、大きな太鼓をつくります。
バケツの上に、STEP1と同じように、十字をつくるようにガムテープをはっていきます。
ガムテープでバケツの口をおおうことができたら、その上から好きな色のビニールテープをはって色をつけます。

図4
★STEP4:大きな太鼓の飾りつけをしよう!

色紙をいろいろな形や大きさに切り抜いて、それぞれを組み合わせるようにはりましょう。
またSTEP2のように、あらかじめ色紙に絵を描いてからはってもいいです。

図5
まわりの飾りつけができたら、太鼓は完成です!

図6
★STEP5:バチをつくろう!

太鼓をたたくバチをつくります。
わりばしの先に、紙ねんどを丸めてつけます。同じものを2本つくってください。
紙ねんどをつけたら、かたまるまでしばらく乾燥させましょう。
乾燥したら、紙ねんどの部分にペンで色をつけたり、わりばし部分にビニールテープを巻いたりして飾りつけをします。

手づくり太鼓の遊び方
図1
歌を歌うときなど、太鼓をたたいてリズムをとってみよう。
また、たくさんの太鼓を作って、家族みんなで演奏会をやってみるのも楽しいです。

太鼓は、たたく場所によって音が変わるから、いろんな場所をたたいてみると楽しいワン。また、バチを使ったり、指先ではじいたり、手のひらで思いっきりたたいたり、たたき方によっても音が変わるから、いろいろためしてくれワン。



ボノロンといっしょ。プロジェクト

(C)NSP 2005, (C)ボノロンといっしょ。2007

COAMIX North Stars Pictures