手づくりあそび

  • いつでもどこでも
  • いっしょに歌ってあそぼう
  • 手づくりあそびにチャレンジ
  • 身近なものを使って
  • 自然のなかで元気いっぱい
だるまさんがころんだの遊び方
図1


(1)みんなでじゃんけんをして、鬼を1人決めます。

(2)鬼になった人は、壁や柱に向かって目かくしをします。ほかの人は、鬼から少しはなれたところにスタートラインを引きます。

(3)鬼が「だるまさんがころんだ」と言っている間に、ほかの人は鬼に背後から近づいていきます。



図2

(4)鬼は「だるまさんがころんだ」と言い終わったら、パッとうしろをふりかえります。

(5)鬼がふりかえって見ているとき、ほかの人は動いてはいけません。



図3

(6)もし動いてしまったら、鬼につかまります。鬼と手をつなぎ、誰かが助けてくれるのを待ちます。

(7) (3)〜(6)を繰り返しながら、鬼につかまらないように、徐々に鬼に近づいていきます。鬼につかまった人は、順々に手をつないでいきます。



図4

(8)鬼につかまらず生き残った人は、鬼のすぐそばまで来ることができたら、「切〜った!」と大きな声で言いながら、鬼とつかまっている人の手をはらいます。

(9)手をはらったら、みんなでいっせいに走って逃げます。


図5

(10)みんなに逃げられたら、鬼は大きな声で「ストップ!」と言いましょう。

(11)鬼が「ストップ!」と言ったら、みんなその場に止まります。

(12)鬼は3歩だけ動くことができ、誰か1人にタッチします。タッチされた人が次の鬼になります。

※もし鬼が誰もつかまえることができず、誰かに背中をタッチされたら、鬼の負けです。鬼の人はそのままで、もう一度はじめからスタートします。


鬼になった人は、「だるまさんがころんだ」という言葉をはやく言ったり、おそく言ったりすれば、うしろから近づいてくる人たちのタイミングをずらすことができるワン。

ボノロンといっしょ。プロジェクト

(C)NSP 2005, (C)ボノロンといっしょ。2007

COAMIX North Stars Pictures