手づくりあそび

  • いつでもどこでも
  • いっしょに歌ってあそぼう
  • 手づくりあそびにチャレンジ
  • 身近なものを使って
  • 自然のなかで元気いっぱい
缶ぽっくり
缶ぽっくりの作り方
図1
・空き缶2個(体重を支えられるスチール製のもの。同じ大きさのもの)
・丈夫なひも2m×2本
・くぎとかなづち(きりでもOK)

図1
★STEP1:缶に穴をあけよう!

空き缶のまわりの2ヵ所にくぎとかなづちを使って穴をあけます。このとき、できるだけ缶の底に近い部分に穴をあけましょう(歩くときに安定します)。

【注意!】 缶の空いた口のはしで手を切らないように注意しましょう。あらかじめビニールテープなどをはっておけば、ケガ予防になります。 また、くぎの取り扱いも注意しましょう。

図2
★STEP2:ひもを通そう!

(1)STEP1であけた穴にひもを通します。

(2)実際に缶にのってみるなどして、ひもの長さをたしかめます。 腕を下げたとき、ちょうど手の位置に輪っか状のひもの末端が来るようにすると、ちょうどいいです。

図3
★STEP3:ひものはしを結んで、完成!

ひもの両端を結び合わせて、固定できたら完成です。

油性マジックやビニールテープがあれば、缶のそとがわに絵を描いたり、テープをはったりするのも楽しいワン。ボノロンやオイラのかおを描いたりして、自分だけの缶ポックリを作ってくれワン!

缶ぽっくりの遊び方
図1
右手と右足、左手と左足をそれぞれ同時に動かします。最初はゆ〜っくり歩いて、なれていきましょう。なれてきたら、どんどん歩くスピードをあげていきます。 家族みんなで缶ポックリを作って、競争をするのも楽しいですよ。

【注意!】 デコボコと段差のある場所やどろどろにぬかるんでいる場所では、バランスをくずしやすいので要注意!

いろんな高さ、いろんな大きさの缶で作ってみて、どれがいちばん歩きやすいか、試してみるのも楽しいワン。



ボノロンといっしょ。プロジェクト

(C)NSP 2005, (C)ボノロンといっしょ。2007

COAMIX North Stars Pictures