手づくりあそび

  • いつでもどこでも
  • いっしょに歌ってあそぼう
  • 手づくりあそびにチャレンジ
  • 身近なものを使って
  • 自然のなかで元気いっぱい
ハンカチとりの遊び方
図1

(1)2人で向き合います。

一方Aは、手のひらにハンカチをのせて、その手を相手に向かって差し出します。手のひらをひらいたままにしておきます。

もう一方Bは、相手の手からそのハンカチを引きぬくために、タイミングをはかります。
図2 Aは、ハンカチをとられないように、Bがハンカチにさわったら手を握ります。

Bにとられなかったら、Aの勝ち。 Aの手からハンカチを引きぬけたら、Bの勝ちです。

また、Bがハンカチにさわるまえに、Aが手を握ってしまったら、Aの負けです。

ハンカチをとる方は、手を出したり引っ込めたりして、相手をけん制するのがいいワン。ハンカチとりはタイミングが大事。おたがいに相手の動きをじ〜っと観察して、ここぞという瞬間をねらってくれワン!

ハンカチとりの遊び方
図1

【両手をつかったハンカチとり】

ハンカチを持つ人は、両方の手に1枚ずつハンカチをのせて、両手を相手に向かって差し出します。

ハンカチをとる人は、どちらか一方でもとることができれば勝ちです。

左のハンカチを狙うふりをして、右のハンカチをとったりと、フェイントを使うと有効です。
図2
【手以外をつかったハンカチとり】

左のイラストは「首と肩」をつかったハンカチとりです。

ハンカチを肩にかけて、首をまげたり、肩を上げたりして、相手にハンカチをとられないようにします。

ほかにも「ひじ」をつかう方法もあります。体のいろいろな場所でハンカチとりを試してみよう!

ボノロンといっしょ。プロジェクト

(C)NSP 2005, (C)ボノロンといっしょ。2007

COAMIX North Stars Pictures