絵本を読む

スペシャルインタビュー

映画・テレビドラマ等で活躍中の矢沢さん。ペットセラピストの資格も持つ、多才な一面も!2007年には元K-1選手の魔裟斗さんと結婚、1児のママとして子育て中のはたらくお母さんです。

かいぞくバラックに、少年マリノと青年マリノなど、たくさんの声分けが大変なお話だったと思います。お疲れ様でした!

ものすごく緊張しました!台本をいただいてから、もうどうしようかと思って…。

とても落ち着いて読まれていたので、たくさん練習してくださったのかと思いました。読み聞かせはよくされているのですか?

お仕事では初めてだったのですが、2歳の娘にはよく読み聞かせしています。このお話も練習をかねて娘に読んでいました。「ヨ〜ホ♪ ヨ〜ホ♪」の歌のところも「おれたちは〜♪」と覚えて、いっしょに歌っていました。いろいろパターンを考えたのですが、娘が気に入ってくれているから、このリズムでいいんだなとわかって…助かりました。

編集部でも歌の部分はどう読んでもらおうかと考えていたのですが、さすがは現役のお母さん、1回でOKでした!お子様の反応は一番の効果がありますね。

「ロン」や「ワン」の語尾も、これでいいのかな…?と不安に思っていました。でも、自分に課題をのせながら読むことができたので、とても勉強になって楽しかったです。

ありがとうございます!普段の読み聞かせの風景はどんな感じなのでしょうか?

長いお話のときは「今日はここまで」とちょっとずつ区切って、次の日に続きを読みます。そういう方法で読み聞かせをしていると、だんだん長く集中して聞けるようになったな…と、子供の成長も分かるのでいいですよ。

なるほど、ボノロンのような少し長めのお話にはいい方法かもしれませんね。「かいぞくバラックの涙の巻」は読んでみていかがでしたか?

ボノロンは大人から子供までホロッとするので、幅広い世代が読めるお話ですよね。子供には最初は難しくても、こういったお話を読み聞かせ続けていると、いつかわかってくれると思いますし…。小さい頃から読み聞かせる本としてはとてもすてきなお話だと感じました。ストーリーの中に紆余曲折があって「絵本」というよりは「物語」ですよね。

今回は「家族」がテーマのお話でしたが、矢沢さんにとって「家族」とはどんな存在ですか?

そうですね…「生きる活力」ですね。自分の存在を表せてくれる、大事な存在です。

ひとことではなかなか表現できないですよね…。最近みなさんに聞いている質問なのですが、もし、矢沢さんの目の前にボノロンが現れたら、どんなお願いをしますか?

わあ〜!まさか大人になってから、そんな質問をされるとは思ってもいませんでした(笑)。もう…娘が生まれてから、欲求がなくなったんですよね。自分のことは後回しで「家族の健康」を一番に考えるようになりました。月並みですが、本当にそういうことしか頭に浮かばないですね。私の頭のシフトチェンジが、お母さんになってしまっています(笑)。

それは、当然のことと思います!

大人になればなるほど、健康って本当に大事だなと実感しています。みんなが健康で元気であれば、笑顔で過ごせますよね。だから、ボノロンには「家族みんなの健康」をお願いしたいです(笑)。

健康でなければ何もできませんしね。最後に、このインタビューを読んでいる子供たちに、何かメッセージをお願いします。

お友だちといっぱい遊んでください!最初は声をかけることも勇気がいることですが、やはりお友だちとたくさん遊んでいると、毎日がハッピーになると思います。
朝起きて学校に行って、お友だちと遊んで、家に帰ったらご飯を食べて、お風呂に入って…という当たり前の毎日が過ごせることを、最近は願っています。
特別なことは、当たり前の毎日を楽しく過ごしていると、出会えると思うんです。だからこそ、日々の時間を楽しく過ごすことが大事なのかな、と私は思っています。

ボノロンといっしょ。プロジェクト

(C)NSP 2005, (C)ボノロンといっしょ。2007

COAMIX North Stars Pictures